アーユルヴェーダ的春の過ごし方 心と体をととのえるおすすめの生活習慣・セルフケア

当サイトは広告を掲載しています。
アーユルヴェーダ的春の過ごし方

春は、冬の寒さが和らぎ、万物に生命が息吹く季節です。

その一方で、気温の変化が激しく、花粉症などの体調不良を引き起こしやすい時期でもあります。

そこで今回は、アーユルヴェーダの視点から、アーユルヴェーダ的春の過ごし方と心と体をととのえるおすすめの生活習慣、セルフケアについてもご紹介します。

目次

アーユルヴェーダと春の関連性

アーユルヴェーダでは、一年を春・夏・秋・冬のそれぞれの季節に影響を与えるエネルギー「ドーシャ」に分類しています。

ちほ

春はカパが優勢になります。

読者さん

カパ?

カパは「水」の性質を持ち、重く、冷たく、湿った性質を持っています。

春は冬の間に身体に蓄積したカパのエネルギーが溶け出す季節であると言われています。

カパ体質の人や過剰なカパを持つ人は、カパの乱れによる様々な症状が起こりやすくなります。

カパが増えると、花粉症や鼻炎、だるさなどの症状が現れやすくなりますので、春には特に注意が必要です。

カパが過剰になると、以下のような症状が現れます。

  • 眠気やダルさ
  • むくみやだるさ
  • 集中力の低下
  • 食欲不振
  • アレルギー症状

これらの症状を防ぐためには、カパの性質と反対の「軽・乾・温・動」という性質を取り入れることが大切です。

春には、ヴァータ、ピッタ、カパの3つのドーシャがバランスを崩しやすく、体の不調が起こりやすいとされています。

カパの過剰な増加により、鼻水、目やに、くしゃみ、眠気、だるさ、むくみなどの不調が現れることがあります。

このような背景から、アーユルヴェーダでは春の過ごし方として、バランスの良い食事、適度な運動規則正しい生活が推奨されます。

ヨガ×アーユルヴェーダ ととのえる...
自分のドーシャを知って、アーユルヴェーダの体質にあった日常生活を送ろう アーユルヴェーダでは、自分自身の体質を理解し、自分に適した生活を送ることが大切です。まずは自分の体質を知ることからはじめていきましょう。

アーユルヴェーダ的春の過ごし方:生活習慣(食事編)

春の季節には、体内にたまった余分なカパを排出し、軽やかな体調を保つための食事が重要です。

カパは重く、冷たく、湿った性質を持つため、春には以下のような食事を心がけることが大切です。

食事のポイント

  • 消化しやすいものを食べる
    春は冬の間に溜まった老廃物を排出する時期です。
    消化に負担がかかる重い食事は避け、軽くて消化しやすいものを選びましょう。
  • 温かいものを食べる
    冷たいものはカパを増長させてしまうため、温かいものを食べるようにしましょう。
  • 苦味のある食材を取り入れる
    苦味のある食材は消化を促進し、カパを鎮静させる効果があります。
    菜の花、ゴーヤ、うどなどの食材がおすすめです。
  • 水分をしっかり摂る
    水分不足はカパを増長させてしまうため、こまめに水分補給をしましょう。

具体的な食材例

  • 野菜
    春野菜全般、アスパラガス、ブロッコリー、カリフラワー、セロリ、キャベツ、菜の花、ほうれん草、レタス、玉ねぎ、ニンジン、ピーマン、トマト
  • 果物
    りんご、イチゴ、グレープフルーツ、オレンジ、キウイ、バナナ、パイナップル、メロン
  • 穀物
    白米、玄米、キヌア、オートミール
  • 豆類
    レンズ豆、ひよこ豆、ムング豆
  • 肉類
    鶏肉、魚介類
  • 乳製品
    牛乳、ヨーグルト、チーズ
  • スパイス
    ターメリック、クミン、コリアンダー、フェンネル、ジンジャー

おすすめの調理方法

  • 蒸す
  • 煮る
  • 炒める
  • スープにする

避けたほうがよいもの

  • 冷たいもの
  • 重たいもの
  • 油っこいもの
  • 甘いもの
  • 加工食品

特に、春の食事では、消化力を助けるスパイスを積極的に取り入れ、効果的なデトックスを行うことが重要です。

春の食材としては、嫌味のある野菜や山野草、保存食材、温めたハチミツなどが推奨されます。

苦味のある食材は、消化力を高めてカパを減らす効果があります。

春の体調管理には、苦味のある食材を取り入れたレシピを試してみると良いでしょう。

アーユルヴェーダ的春の過ごし方:生活習慣(運動編)

春はカパが優勢になる季節です。

カパは重く、冷たく、湿った性質を持つため、春には以下のような運動がおすすめです。

  • 軽い運動
    春は体が重く、だるさを感じやすいので、無理のない軽い運動がおすすめです。
    ウォーキング、ジョギング、ヨガ、ストレッチなどがおすすめです。
  • 汗をかく運動
    適度な汗をかくことで、体内の老廃物や毒素を排出することができます。
    ただし、激しい運動は避けましょう。
  • リズム感のある運動
    リズム感のある運動は、カパの停滞を解消し、エネルギーを高める効果があります。
    ダンスやエアロビクスなどがおすすめです。
  • 朝の運動
    朝は太陽の光を浴びることで、体内時計がリセットされ、エネルギーが高まります。

具体的な運動の例

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • ヨガ
  • ストレッチ
  • ダンス
  • エアロビクス
  • 水泳
  • サイクリング

運動時の注意点

  • 体調が悪いときは無理をしない
  • 運動前に十分なウォーミングアップをする
  • 運動中はこまめに水分補給をする
  • 運動後はクールダウンをする

春におすすめのヨガポーズ

  • 太陽礼拝
  • 猫のポーズ
  • コブラのポーズ
ちほ

カパを減らすためには、軽快な動きや呼吸法を取り入れたポーズが効果的です。

適度な運動やマッサージを行うことで、カパの増加を防ぎましょう。

ヨガや体操などの運動を行うことでリンパの流れを促進し、身体のデトックスをサポートすることができます。

アーユルヴェーダ的春の過ごし方:セルフケア編

また、春特有の体調管理も大切です。

春はカパのエネルギーが増加しやすい季節であり、特にカパ体質の人は注意が必要です。

デトックス

春に取り入れるセルフケアの一つに、デトックスがおすすめされます。

春は冬の間に蓄積した余分なカパを排出し、体内の不要なものを浄化する季節です。

デトックスを行うことで新陳代謝が促進され、体内の毒素や老廃物が排出されます。

  • 朝起きたら白湯を飲む
    白湯は体の余分な水分を排出し、消化を促進する効果があります。
  • オイルマッサージをする
    オイルマッサージは、体の老廃物を流し、血行を促進する効果があります。
  • ヨガや運動をする
    ヨガや運動は、体を温め、エネルギーを高める効果があります。
  • 軽い食事を心がける
    春は消化力が弱るため、軽い食事を心がけましょう。
ヨガ×アーユルヴェーダ ととのえる...
白湯が健康と美容に良いと言われるのはなぜ?お白湯の効果と口コミ お白湯は、デトックス効果が高く、手軽に取り組めるアーユルヴェーダの健康法のひとつ。お白湯の効果と口コミいついてお伝えしてます。

体を温める

朝晩は冷え込むことがあります。

特に朝晩の寒暖差によって体の免疫力が低下しやすくなるため、体温調節を心掛けましょう。

  • 温かい飲み物を飲む
    温かい飲み物は、体を温め、リラックス効果があります。
  • 温かいお風呂に入る
    温かいお風呂は、体を温め、血行を促進する効果があります。
  • 太陽の光を浴びる
    太陽の光は、体内時計を整え、エネルギーを高める効果があります。
  • スパイスを活用する
    スパイスは、体を温め、消化を促進する効果があります。
  • 適切な服装
    首・手首・足首を暖めることで、血行が促進され、老廃物が排出されやすくなります。
ヨガ×アーユルヴェーダ ととのえる...
その不調、実は冷えが原因かも!?アーユルヴェーダ的冷え対策 なんとなく感じる身体の不調・・・実は、冷えが原因かもしれません。冷えは万病のもととも言われており、未病という病気の一歩手前の状態で、冷えを放置すると、様々な病気...

規則正しい生活

規則正しい生活は、心身の健康を維持するためにも大切です。

  • 早寝早起きをする
    早寝早起きは、体内時計を整え、体のリズムを整える効果があります。
  • 毎日同じ時間に食事をする
    毎日同じ時間に食事をすることは、消化機能を整える効果があります。
  • 十分な睡眠をとる
    十分な睡眠は、疲労回復、ストレス解消効果があります。

ストレスを溜めない

ストレスは、心身に悪影響を与えることが多いため、ストレスを溜めないことが大切です。

  • 好きな音楽を聴く
    好きな音楽を聴くことは、リラックス効果があります。
  • アロマテラピー
    アロマテラピーは、リラックス効果、ストレス解消効果があります。
  • 瞑想をする
    瞑想は、心を落ち着かせ、ストレス解消効果があります。
  • 自然の中で過ごす
    自然の中で過ごすことは、リフレッシュ効果、ストレス解消効果があります。
ヨガ×アーユルヴェーダ ととのえる...
ストレスと上手くつきあうための3つのコツ ストレスは、生活の中で避けられない存在であり、ストレスの影響は心身両面に及びます。ストレスと上手につきあうコツを知って、心身ともに健康な生活を送りましょう。

春はヴァータ、ピッタ、カパの3つのドーシャがバランスを崩しやすい時期でもあります。

不調が出やすい季節なので、規則正しい生活、バランスの良い食事、適度な運動が重要です。

ヨガ×アーユルヴェーダ ととのえる...
ディナチャリア?理想的な1日の過ごし方 日々感じる不調は「生活リズムの乱れ」が関係しているかもしれません。ディナチャリアと言われるアーユルヴェーダの理想的な1日の過ごし方をご紹介します。

アーユルヴェーダ的春の過ごし方 心と体をととのえるおすすめの生活習慣・セルフケア まとめ

以上、アーユルヴェーダ的春の過ごし方 心と体をととのえるおすすめの生活習慣・セルフケアについて、お伝えしてきました。

春は気候が変化しやすい季節であり、急な温度差による体調不良に注意が必要です。

規則正しい生活、軽い食事、適切な運動を心がけることで、健康な体調を保つことができます。

アーユルヴェーダの知恵を取り入れて、心と体を整え、健やかに春を過ごしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちほのアバター ちほ ナース・ヨーガ療法士

札幌在住のアラフィフ主婦。
心地よいを大切に!セルフケアを身につけて人生楽しみましょう♪
ヨガとアーユルヴェーダの知恵をお伝えしています。

目次