自分を大切にするとは?いますぐ実践できる具体的な5つの方法

当サイトは広告を掲載しています。
自分を大切にする方法

「自分を大切にできないと、周りの方も大切にできない」という言葉を聞いたことがありますか?

あなたは自分を大切にできていますか?

自分をもっと大切にしたいと思っても、自分を大切にできない原因がわからなかったり、自分を大切にする方法がわからなかったり・・・など、疑問に思っていませんか。

この記事では、自分自身を大切にすることとは?自分を大切にするためにいますぐ実践できる具体的な5つの方法についてお伝えしていきます。

自分を大切にすることで、人生が幸せにより豊かになっていきます。

わたし自身、自分を大切にしていくことで人生が変わっていったので、記事後半ではわたしの体験談もお伝えしてます。

この記事がより豊かな人生を送るための参考になれば嬉しいです。

目次

自分を大切にするとは?

「自分を大切にする」とは、具体的にどう意味なのでしょうか?

「自分を大切にする」という言葉は、自分自身が尊ばれる存在と捉え、精神的な負荷や心配事を減らし、健康で幸せな生活を送ることです。

自分を大切にすること

  • 自分自身を一番に優先すること
  • 自分の価値観や視点に基づいて行動すること
  • 自分自身の人生を自分自身でコントロールすること

などを含みます。

自分を大切にすることは、自分が幸せになるための第一歩です。

自分を大切にするということには、自分自身への愛情や尊重が含まれています。

自分の体を大切にし、自分の考えや感情に耳を傾け、自分ができていることに目を向け評価することを意味します。

でも実際は、仕事・家事・家族など・・・周りのことを最優先にし、自分のことは後回しにしてしまいがちです。

自分自身を後回しにしてしまうと、自分自身が疲弊し、ストレスを感じ、喜びや満足感を感じることがだんだん難しくなってしまいます。

だからこそ、自分を大切にすることの重要性を理解し、意識した生活を送ることが大切になってきます。

自分を大切にすることで、自己理解と自己受容が深まり、ストレスや不安が軽減されます。

自分自身と向き合う時間を持ち、自分自身の感覚や気持ちを大切にし、自分らしく生きることを意味します。

自分を大切にすることで、自分の人生が楽しくなり、より豊かな人生を送ることができるように変わっていくのです。

自分を大切にするために今すぐ実践できる具体的な5つの方法

自分を大切にする方法

「自分を大切にするために今すぐできる具体的な5つの方法」を紹介していきます。

  1. 自分自身を認める
  2. 健康的なライフスタイルを送る
  3. 自分だけの時間を持つ
  4. 自分自身を知る
  5. 自己慈しみを持つ

1.自分自身を認める

自分の良い部分を見つけて、自分自身を認めてあげましょう。

出来たことや努力したことなど自分の価値を認め、自分自身を自分でほめることからはじめてみましょう。

自分が成し遂げたこと、小さなことでもいいので、その日頑張ったことや成功したことを振り返ってみましょう。

感謝の気持ちをもって自分自身に接することで、自分を大切にする気持ちが高まっていきます。

2.健康的なライフスタイルを送る

身体の健康は、心の健康に大きく影響します。

適度な運動やバランス良い食事、十分な睡眠は自分を大切にするための基礎です。

適度な運動はストレスの解消にもなり、心地よい疲労感は良質な睡眠を促します。

また、栄養バランスの良い食事は、身体だけでなく脳の活動をサポートし、ポジティブな気持ちを保つのに役立ちます。

食事・睡眠・運動をととのえて、日々の日常生活を大切に過ごしましょう。

3.自分だけの時間を持つ

日々の生活の中で、自分だけの時間を作ることはとても重要です。

忙しい日々の中でも、自分だけの時間を確保し、好きなことをしたり、自分の感情や考えに向き合う時間を作ることが大切です。

本を読む、音楽を聴く、散歩するなど、好きなことを存分に楽しむ時間を持つことで、自分自身と向き合う時間が増え、自己理解が深まり、自分を大切にすることに繋がっていきます。

4.自分自身を知る

自分が何を好きで、何を大切にしているのか?自分自身を理解することは、自分を大切にするための大切なステップです。

自分の価値観、信念、目標などを見つめ直し、自分自身について深く掘り下げてみましょう。

自分の好きなもの、価値観を明確にすることで、自分を大切に扱うことが自然とできるようになっていきます。

5.自己慈しみを持つ

自己慈しみとは、自分自身に対する優しさや慈しみのことです。

自分自身を慈しみ、愛することは大切です。

思わぬミスや失敗をした時でも、自己批判をせずに、優しく自分に接することができるようになっていくといいですね。

自分自身を大切にすることは、より幸せで充実した人生を送るための重要なステップです。

毎日の自分への関わりの積み重ねが、自分自身を大切にする強固な基盤を作っていきます。

日々の暮らしの中で、意識して取り入れることで、自分自身の変化を感じるようになっていくと思います。

ヨガ×アーユルヴェーダ ととのえる...
自分に優しくできない理由と自分に優しくする具体的な方法 自分に優しくできていますか?自分に厳しくしているとどんどん自分本来とかけ離れていき生きづらさを感じることも。

自分を大切にして人生が変わった体験

ちほ

あなたは自分自身を大切に出来ていますか?

仕事に家事に育児に・・・
日々、忙しく、自分のことが後回しになっていませんか?

以前のわたしは、周り優先で自分を後回しにしており、自分自身を大切にできていませんでした。

自分を大切にできずに、自分を自分で苦しめていた過去

過去の私は、自分で自分を苦しめていました。

自分のキャパを超えてても、頼まれごとは嫌と言えず、ついつい引き受けてしまったり、自分のやりたいことよりも、やらなければいけないことを優先して、自分のことは後回しになってました。

自分がやらなければいけないと思っていることは、自分が勝手に思い込んでるだけで、実は自分がやらなくてもいいことも多々ありました。

自分で勝手にそう思い込んで、自分自身で勝手に行っているのに、なんで自分ばっかりとイライラしてました。

ちほ

過去の私は、自分で自分を苦しめてたんです。

仕事も家事も子育ても、自分のやりたいことをするためには、すべてを完璧にこなしていなければ、やっては行けないと思い込んでいたんです。

結果、頑張りすぎてました。

過去の私は、いつも自分のことを後回しにして、すり減って疲れてました。

偏頭痛・生理痛、肩こり・腰痛・・・

色々な不調があるのが当たり前と思っていました。

ちほ

そんな自分から抜け出したいと思っていた時に、ヨガとアーユルヴェーダに出逢いました。

自分を大切にすることの大切さを知ってから

ヨガとアーユルヴェーダの智慧を学び、日常生活で実践していくことで、自分の人生が少しづつ変わってきました。

過去の私は、なんでも自分ひとりで抱え込んでしまってましたが、ヨガの教えのアヒンサーということを学び、自分を大切に出来ないことは自分自身に対する暴力だと思うようになりました。

「~すべき、こうあらねば」そんな思いで日々選択し、行動し続けてきましたが、そこを取っ払って、日々の選択を大切に自分が喜ぶこと、心の向く方向へ意識を向けて、選択するように心がけるよう変わってきました。

ついつい力が入って、頑張ることが当たり前になってましたが、頑張ることを手放しました。

いまは、自分ひとりだけで頑張るのではなく、家族の協力も得ながら、自分のやりたいことをおこなう時間を確保しています。

わたしのお気に入りの癒やし時間は、ゆっくりお風呂に入ったり、アロマ入りのオイルでセルフマッサージをすることです。

わたしは、毎日の生活の中にセルフケアを取り入れ自分を大切にしていくことで、自分自身の人生が変わっていきました。

その経験をもとに、ヨガやアーユルヴェーダのセルフケアをお伝えしています。

あわせて読みたい

自分を大切にするとは?いますぐ実践できる具体的な5つの方法 まとめ

この記事では、自分を大切にすることの大切さと、自分を大切にするためにいますぐ実践できる具体的な5つの方法について、お伝えしてきました。

最初は、自分自身が頑張りすぎていることも気づかずにただただ疲弊してましたが、自分を大切にするということを知り、日々のあり方が変わり、自分の人生が好転してきました。

自分でなんでも背負い込むこと、頑張りすぎをやめたことで、心に余裕ができました。

自分自身を大切にしていたら、自然と家族や周りの方への感謝がわきました。

自分自身を大切にすることは決して、わがままではありません。

あなたは、日々の忙しさに追われて、自分のことを後回しにしていませんか?

毎日5分でもよいので、自分自身を大切にする時間を確保してみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちほのアバター ちほ ナース・ヨーガ療法士

札幌在住のアラフィフ主婦。
心地よいを大切に!セルフケアを身につけて人生楽しみましょう♪
ヨガとアーユルヴェーダの知恵をお伝えしています。

目次