初心者にもオススメのヨガマット選びのポイントとおしゃれなヨガマット

当サイトは広告を掲載しています。
ヨガマット

ヨガをはじめる一歩として大切なことは、適切なヨガマットを選ぶこです。

特に初心者の方にとって、多くの選択肢の中から最良の一つを見つけることは困難に感じられるかもしれません。しかし、客観的なデータや統計に基づいた情報を用いて選び方のポイントを解説することで、おしゃれかつ機能的なヨガマットを見つける手助けとなります。

初心者の方がヨガを始める際、何が大切で、どのようなヨガマットが適しているのか分かりにくく、どのヨガマットを選んだらよいか迷われる方も多いかと思います。

この記事では、初心者さんにもオススメのヨガマット選びのポイントとおしゃれなヨガマットをご紹介します。

また、記事後半では、ヨガマットのお手入れ方法と保管についても、お伝えしています。

あなたにピッタリなヨガマットを見つけて、ヨガライフを楽しんでくださいね。

ヨガマットについて知りたい方はこちら>>>

目次

初心者にもおすすめ!ヨガマット選びのポイント

ヨガマットは、床からの冷たさを遮断し、滑りにくい環境を提供するために使用されます。

また、ヨガポーズを安全に行うためにも重要な役割を果たします。

ヨガを始める際には、適切なヨガマットの選択が非常に重要となります。

自分のニーズにあったマットを選ぶことで、ヨガの練習がより楽しく、効果的で快適なものになります。

ヨガマットを選ぶ際には、以下のポイントを参考にしましょう。

ヨガマットの厚さ

ヨガ初心者の方におすすめのヨガマットの厚さは、一般的に4~6mmです。

  • マットが厚すぎる場合:体が沈み込みやすく、バランスが取りにくい
    体がマットに深く沈み込んでしまい、特にバランスを必要とするポーズが難しくなる可能性があります。
  • マットが薄すぎる場合:膝や腰が痛くなりやすい
    床の硬さが直接、膝や腰に伝わり、長時間の練習が難しくなる可能性があります。
    また、特に膝や腰に負担を感じやすいポーズで不快感を感じる可能性があります。

したがって、初心者の方はバランスを取りやすく、かつ膝や腰への衝撃を軽減できる4~6mmの厚さのヨガマットを選ぶことをおすすめします。

適切な厚さは個々の好みや身体の感じ方によります。
自分自身のニーズと快適さを最優先に考えて選ぶことをおすすめします。

ヨガマットの素材

マットの滑り止め性やクッション性に大きな影響を与えます。

ヨガマットに使用される素材は多種多様で、その中でも特にPVCTPE天然ゴムが主流となっています。

素材の違いを理解することで、自分のニーズに最適なマットの選択に役立ちます。

PVC(ポリ塩化ビニール)

  • 特性: 耐久性が高く、クッション性、滑り止め効果に優れる
  • 長所: 価格が手頃で長期間使用可能
  • 短所: 環境面での配慮が必要で、リサイクルが難しいことも

TPE(熱可塑性エラストマー)

  • 特性: 環境にやさしい素材で、柔軟性に富み軽量
  • 長所: 耐水性があり、軽くて持ち運びが楽
  • 短所: PVCに比べると耐久性が劣る場合がある

天然ゴム

  • 特性: 自然素材で、グリップ力が非常に高い
  • 長所: エコフレンドリーで、優れたグリップとクッション性を提供
  • 短所: アレルギーを持つ人には不向きな場合があり、価格が高め
ちほ

PVC素材が最も一般的で、価格も手頃なため、ヨガ初心者さんにおすすめです。

ヨガマットの価格

ヨガマットは幅広い価格帯で提供されており、選ぶ素材やブランド、機能によって価格が異なります。

ヨガマットは、数千円から数万円まで幅広い価格帯で販売されています。

100円ではありませんが、ダイソーやセリアでもヨガマットは販売されています。

ヨガマットは、日々のヨガの練習に欠かせないアイテムのため、用途に合わせて、複数持っている方も増えています。

ヨガマットは単なる練習道具にとどまらず、自分の好みや個性を表現するアイテムでもあります。

自分の好きなデザインや色合いのヨガマットを手にすることで、ヨガを行うモチベーションが高まります。

心地よいマットの上で行うヨガのポーズは、心身ともにリラックスし、練習を楽しむことができます。

そのため、ヨガマットを選ぶ際には、機能性だけでなく、自分の好みにあったデザインを選ぶことも重要なポイントとなります。

初心者にもおすすめ!おしゃれヨガマット

おすすめのヨガマットについて、紹介していきます。

Manduka(マンドゥカ)

Mandukaのヨガマットは、高品質で耐久性に優れています。

特に有名なのがManduka PROシリーズで、プロのヨガインストラクターや熱心なヨギに愛用されています。

PROシリーズは厚さ6mmのクッション性があり、表面は滑りにくい特殊な加工が施されています。

また、天然ゴムを主原料としており、環境に配慮した作りとなっています。

さらに、長期間の使用でも劣化しにくく、耐久性が高いのが特徴です。

Mandukaのヨガマットは、プロのヨギからも信頼され、安定感と快適さを提供しています。

lululemon(ルルレモン)

lululemon(ルルレモン)のヨガマットは、多様なニーズや好みに合うよう様々な種類や厚みが用意されており、品質の高さとデザイン性で非常に人気があります。

質感や快適さ、デザインにこだわったlululemonのヨガマットは、長く愛用したくなるアイテムです。

YogaWorks(ヨガワークス)

YogaWorksのヨガマットは、様々な厚さや素材で提供されています。

一般的には、スタンダードな3.5mmや6mmの厚みがあります。

これらのマットは高品質で耐久性があり、ヨガの練習に適しています。

特に、表面は滑りにくく、安定感があります。

また、マットの長さや幅も標準的なサイズに加えて、携帯に便利なサイズも提供されています。

YogaWorksのヨガマットは、プロのヨギからも広く支持されており、ヨガ練習の質を向上させるための優れた選択肢です。

楽天市場でヨガマットの人気ランキングをみてみる>>>

ちほ

自分に合ったヨガマットで、充実したヨガの時間を過ごしてくださいね♪

\くすみカラーと蓮の花が素敵なヨガマット/

\大きな曼荼羅模様が素敵なヨガマット/

\お部屋においたままでもかわいいヨガマット/

ヨガマットのお手入れと保管方法

ヨガマットを長持ちさせるためには、手入れと保管方法が重要です。

ヨガマットのお手入れ方法

目に見える汚れはわかりにくいですが、使用後に汗やメイク汚れなどが付着しています。

時間が経つと、汚れが落ちにくくなるため、毎回、お手入れしましょう。

お手入れの際は、ヨガマット専用のクリーナーを使うのがおすすめです↓

手軽にヨガマットのお手入れをしたい方は、ウェットティッシュを使ってくださいね。

拭き取った後は、よく乾燥させてから保管しましょう。

ヨガマットの保管方法

ヨガマットは手入れだけでなく、保管についても注意が必要です。

保管の際は、直射日光や高温の場所は避け、涼しい、風通しの良い場所で保管してくださいね。

さらに、専用のバッグやヨガマットハンガーを使用して、形状を保ちながら保管することを推奨します。

\ヨガマットハンガー/

\ヨガマット専用ケース/

ヨガマットの手入れを定期的に行い、適切に保管することで、ヨガマットの寿命を延ばし、清潔で快適な練習環境を維持することが可能となります。

初心者にもオススメのヨガマット選びのポイントとおしゃれなヨガマット

この記事では、初心者さんにもオススメのヨガマット選びのポイントとおしゃれなヨガマットをご紹介してきました。

自分にぴったりのヨガマットを見つけることは、ヨガライフをより豊かにする重要な一歩です。

しっかりとしたクッション性やグリップ力のあるマットは、ポーズの安定感を高め、怪我のリスクを低減させます。

自分のスタイルやヨガの種類に合った適切な厚みやサイズのマットを選ぶことで、健康的で充実したヨガライフを送ることができます。

また、おしゃれなヨガマットは、ヨガを行う際の心地よさや満足感を高め、より楽しく充実したヨガ時間を提供してくれます。

これらのポイントを参考にして、自分に最適なヨガマットを見つけ、心地よい練習を楽しんでください。

プロも絶賛!一生もののヨガマットなら【MANDUKA マンドゥカ ヨガ】

ヨガ×アーユルヴェーダ ととのえる...
初心者にもわかりやすい!おしゃれでかわいいヨガウェアの選び方とおすすめブランド ヨガウェア選びで最も大切なのは「自分が心地良く、自分らしくいられるものを選ぶこと」見た目がおしゃれでかわいいだけでなく、機能性や着心地も考え、自分に最適なヨガウ...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちほのアバター ちほ ナース・ヨーガ療法士

札幌在住のアラフィフ主婦。
心地よいを大切に!セルフケアを身につけて人生楽しみましょう♪
ヨガとアーユルヴェーダの知恵をお伝えしています。

目次