ととのえる。
Yoga×Ayurveda
アーユルヴェーダ

早起き習慣♪ブラフマムフルタとは!?

ブラフマムフルタとは!?

日の出の96分前は
自然のエネルギーが満ちている神聖な時間帯。

この時間をアーユルヴェーダでは、ブラフマムフルタと言います。
神聖なエネルギーが流れるこの時間に起きて、ヨガや瞑想することがオススメされています。

日の出の96分前?そんな時間に起きるのムリです。

忙しい毎日を過ごして帰宅時間が遅くなると、必然的に寝る時間が遅くなって、夜型生活になりがちですが、忙しい方こそ、一日の始まりの朝時間を大切に過ごしてほしいなぁと思います!!

大切なことは早起き

1日5分でも早く起きて、自分のために自分と向き合う時間を確保することからはじめてみましょう。

・朝起きたら、まずはカーテンを開けて、太陽の光をあびて、体内時計をリセット。
・窓を開けて、新鮮な空気を室内にとりこみ、深呼吸を数回おこなう。

神聖なエネルギーがみちている時に、自分自身を大切にする時間を持つことで本来の自分の魅力が輝いてきます。

日の出の96分前に起きるのは、なかなか難しいですが、午前2時から6時までの4時間の間はヴァータ優勢の時間帯と言われており、エネルギーが活発な時間帯になります。

なので・・・
朝の6時までに起きたほうが目覚めスッキリで、軽やかに1日を快適にスタートし、軽やかに過ごすことができるんです。

早起きすると能率もアップしますよ~ 

6時から10時は、カパ優勢の時間帯になるので、この時間に目覚めると、カラダが重くいつまでも眠気がとれず、動くことが大変になってしまう傾向がみられます。

早起きは三文の徳

こんなことわざもありますよね。
私は朝型生活にチェンジして、10年以上がたちます。

早起きして何しているの?

毎朝の習慣

朝起きたら、舌磨き、歯磨き。
洗顔して、鼻うがい&ナスヤ。
お白湯を飲みながらのCITTA手帳Time。
朝ヨガ&セルフマッサージ。

その後、メールやLINEをチェックして返信するのものは早くに返信をすましてしまう。
時間に余裕があったら本を読んだりSNSのチェックや更新。

そして、6時以降は、Clubhouseや音声配信などをききながら弁当づくりに夜ご飯の支度。

洗濯機まわして出勤。(洗濯もの干すのは息子くんの分担です)

朝は身体も軽いし、頭もスッキリしているので、能率がよくサクサク作業が進みます。

天気がいい休日の朝は、朝の散歩もいいですね~。

早起き習慣オススメです!

妊婦さん、小さいお子さま、病気で身体が弱まった方など、体調・体質によって、早起きが好ましくない場合もありますので、ご注意ください。

寝だめはできるのか?

多忙な毎日で寝不足な日々を過ごしている方は、週末に寝だめしようとたくさん寝ている方も多いかもしれませんが、寝だめはできません!!

寝すぎるとカパのエネルギーが溜まって、逆にカラダが重くなってしまい疲れてしまうことも。

休みの日もいつもと同じ時間に起きたほうがカラダのリズムはととのいます。
どうしても眠たい時は、短時間のお昼寝がオススメです。

オススメの睡眠時間

あなたは毎日何時間寝ていますか?
ショートスリーパーといって、短時間の睡眠でも健康に元気に過ごせる人たちもいるようですが、7時間睡眠が健康によいという研究があるそうです。

最近では、睡眠負債というコトバも聞かれるようになり、毎日の睡眠不足が蓄積していくことで、睡眠負債が蓄積していくと、病気のリスクが高まり、生活にも影響が出てくると言われています。運転中などに急に眠気が襲って、事故を起こす方もいるそうです。

早起きオススメしてますが、睡眠時間もしっかり確保して、巣民と活動のバランスを大切にしましょう。
睡眠の質を高めることも大切です!

眠りのヨガと言われるヨガニドラーもオススメです!
眠りのヨガとも呼ばれるヨガニドラーとは!?ヨガニドラーは眠りのヨガともいわれていて、驚くこと1時間のヨガ二ドラーは4時間の睡眠に相当するともいわれています。あなたの睡眠の深さはどうですか?ぜひ、ヨガニドラーで眠りと覚醒の間のまどろんだスーパーリラックス状態を味わっていただきたいです。...
ABOUT ME
CHIHO*
CHIHO*
札幌在住の40代主婦&ナース。 ヨガ、アーユルヴェーダ、月のリズムを使ったカラダとココロのととのえかたやシンプルライフについて綴っています。 趣味はcafe巡り&旅行。