ととのえる。
Yoga×Ayurveda×Aroma
アーユルヴェーダ

アーユルヴェーダ的春の過ごし方

アーユルヴェーダ的春の過ごし方

春ですね~

春の陽気に誘われて、何か新しいことをはじめたいという目標をもち、新しいことにチャレンジしてみようと思われている方も多いのではないでしょうか?

でも・・・その反面
花粉症や鼻炎がひどくなったり、眠気が強くカラダが重いと感じている方もいるのでは!?

これらは、アーユルヴェーダでは、カパの影響を受けるからと言われています。

カパには、『冷・油・重・安定』などの性質があり、冬の間に身体に蓄積しています。
その冷たく重いエネルギーが、暖かくなるにつれて溶けだしてきます。

また、季節の変わり目は、気候変動によって自律神経が乱れやすくなり、ヴァータの影響も受けやすいです。

カパ  :・油・重・安定
ヴァータ:・乾・軽・動

まずは・・・カパとヴァータの共通の性質である『冷』を鎮静しましょう。

湯船につかる
ショールやカーディガンなどを持ち歩く
首元、足首、手首を温める
など・・・
とにかく身体を温めましょう♪

ヴァータのエネルギーがカパにも影響を及ぼすため、まずはヴァータを安定させましょう。

ヴァータをととのえる生活

カラダを温める
ゆったりとした時間を過ごす
休憩を意識的に取り入れる
規則的に過ごす・・・etc

そのうえで、ヨガやウォーキング、寒い日は家で掃除などしながら、意識的に身体を動かして、カパのエネルギーを鎮静しましょう。

カパをととのえる生活

朝は早めに起きる
ヨガやウォーキングなど適度な運動
昼寝はできるだけ避ける
カパを鎮静させる味『辛・渋・苦』を取り入れる
旬の食べ物を食べる
食べ過ぎ、脂っこいものに気をつける・・・etc

早起きは、アーユルヴェーダではディナチャルヤ(1日の過ごし方)で勧めている項目の一つで、特にカパの影響を受けている時には効果的です。

アーユルヴェーダライフで、冬にため込んだ冷・重のエネルギーを少しずつ放出し、カラダをととのえ、なりたい自分に向かって日々過ごしていきましょう♪

はじめよう♪温活ライフ
冷えは万病の元?冷えで悩む方必見!温活ライフのはじめかた♪あなたは冷えていませんか?日本では古くから“冷えは万病のもと”と言われています。温活すると、様々なメリットがあります。この機会に自分自身のライフスタイルを振り返って、温活に取り組んでみませんか?おススメの温活グッズの紹介もしています。...
ABOUT ME
CHIHO*
CHIHO*
札幌在住の40代主婦&ナース。 ヨガ、アーユルヴェーダ、アロマを使ったセルフケアやシンプルライフについて綴っています。 趣味はcafe巡り&旅行。